消費者金融の限度額とは

消費者金融を利用して、お金を借りようとする際にはそれぞれの金融会社で消費者金融限度額というものが設定されています。これは、その金融会社からいくらまで借りることが出来るかというものです。この金額は、統一されているわけではなく、各金融会社によってバラバラです。実際に、お金を借りようとする場合には、重要なポイントの一つとなります。
限度額は、数百万円から多いところでは、1千万円と高額に設定されている場合もあります。しかし、誰でもがこの額いっぱいまで借りることが出来るというわけではありません。この設定されている金額は、一番借りることが出来る人の額であり、実際に借りることが出来るには、様々な条件のもと大きな個人差があることを知っておかなければなりません。
この利用限度額は、収入によって決まります。貸金業法によって、年間年収の3分の1以上の借入は出来ないと定められています。つまり、最大500万円を貸し出すことが出来るとなっていても、お金を借りようとする人の収入が年間300万円である場合には、実際に借りることが出来る金額は、最大でも100万円となります。
また、契約を申し込む際に申請した年齢・就労状況・他社の利用利益や過去の利用歴によっても変わることがあります。例えば、アルバイト収入しかないという場合には、正社員として働いている人よりも借りることが出来る金額が少なくなることがあります。この金額を上げるためには、返済を遅れないように行うことや同じ業者を利用し続ける事で信用を得ることで、金額が上がる可能性があります。

消費者金融を低金利で利用するには

お金を借りる場合には、誰もがなるべく低金利で借りたいと思うものでしょう。
消費者金融を低金利で借りるには、いくつか覚えておくことがあります。
消費者金融の商品などには、「実質年利4.8%〜18.0%」というように、一定の幅で金利が表示されています。
これは利用者により、適用される金利が異なることを意味しています。
4.8%の金利で借りることができる方もいれば、18.0%の金利を支払わなくてはいけない方もおられるということです。
消費者金融の金利は、審査により決定されます。
返済のリスクが低いと判断されると、低い金利を適用して、たくさん借りてもらおうとします。
逆に返済のリスクが高いと判断されると、そのリスクを高金利でカバーしようとします。
審査には、なるべく余裕をもって臨むようにしましょう。